奇数日と偶数日で積立日を分ける

貧乏家庭の資金の都合で、2ファンドをそれぞれ毎日積み立てる事が困難であると言う初歩的な計画ミスに少し凹んでいますが、お金が無いので仕方ありません。

2ファンドを交互にカブドットコム証券で毎日積み立てることにしました。

スポンサーサイト

奇数日と偶数日に分ける

交互に積み立てるという事は、単純に1日から30日までの30日間のうち15日ずつ2ファンドを積み立てる事になります。パターンとしては

・奇数日と偶数日
・月前半(1~15日)と月後半(16~30日)
・2日単位、3日単位、5日単位、6日単位

などがありますが、そりゃもう奇数日と偶数日でいいでしょう。閏年の29日がイレギュラーとなりますが気にしません。

それよりも気になる事があります。

毎日積立だけど毎日積立じゃない

土日祝祭日などは売買は休みになりますので、当然休み明けの営業日にまとめて購入されることになります。この時点で奇数日とか偶数日とかあまり関係ない気がします。

まあそれでも毎日購入しているという「気休め」が及ぼす精神的な「ゆとり」は大きいです。

いずれにしても月単位、週単位、日単位いずれの積立方法でも長期で見ればどれもいっしょですので「意味無いけど、何か安心できる」という単純な理由だけで毎日積立を選択する価値は私にはあります。

トップへ戻る